普通のシミと違う肝斑の特徴を知って治療を始めよう

ただのシミじゃなくて肝斑かも知れない

年齢を重ねると気になってくるのがお肌のことです。若い頃と比べるとハリや潤いが少なくなり、シワやシミが肌の表面に現れやすくなります。とくにシミは若い頃からの紫外線対策が重要となるものです。でも、シミの中には紫外線とあまり関係なくできてしまう肝斑という症状もあるのです。

肝斑の特徴とは

女性

普通のシミができるほとんどの原因は紫外線!

年齢を重ねて浮き出てくるシミの多くは紫外線の影響によるものです。紫外線を浴びてしまうと、体のなかで活性酸素という細胞を傷つけ酸化させるものが発生してしまいます。その傷や刺激を防ぐためにメラノサイトという細胞がメラニン色素を生み出すのです。このメラニン色素は古い細胞とともに剥がれ落ちるのですが、肌のターンオーバーが上手くできないと沈着してシミになってしまうのです。

肝斑は紫外線と関係なくできることがある

普通のシミと違って紫外線が影響しなくても出来てしまう肝斑というものがあります。肝斑は女性ホルモンのバランスが乱れることが原因となって出てくるといわれています。妊娠やピルの服用、女性ホルモンが活発化する30代から40代など、ホルモンの変化を伴うことで出来る場合が多いです。

普通のシミと肝斑の見分け方

どれがシミでどれが肝斑なのか、見分けるポイントがいくつかあるので理解しておきましょう。普通のシミは境界線がはっきりしているということです。もともと薄いものがだんだん濃くなることもあります。一方、肝斑の場合は頬の広範囲にもやっと広がっています。シミと比べると境界線がわかりにくく左右対称に出ることが多いです。

肝斑が悪化する原因も知っておこう

肝斑は女性ホルモンの乱れで出来るもので紫外線とあまり関係はありません。しかし、紫外線によって悪化することはあります。紫外線や肌を擦る刺激は、他のシミと同じように肝斑を悪化させることに繋がるのです。ですから、日頃から紫外線対策や肌への負担を避けるようにしましょう。

肝斑を治すために美白を意識する

紫外線対策はもちろん美白のためのスキンケアや美白にいい栄養を補給することが肝斑の抑制や改善に繋がるでしょう。ただし、肝斑だけでなくいろいろな種類のシミと併発していることもよくあることです。自分だけで改善するのが難しい場合は大阪のような都会で信頼できるクリニックに相談してみるといいでしょう。

そばかす治療を始めよう♪
肌トラブルを解決して-10歳肌! 【PR】
肝斑の治療なら大阪で受けてみよう
美しい肌をゲットすることができる

新着情報

クリニックで出来る肝斑の治療について

はっきり肝斑かわからないけど治療できる?

大阪や都心にあるクリニックでは肝斑だけでなく普通のシミに関する治療も行われています。たとえ、症状がどちらかわからなくてもクリニックで自分の肌にあるのが肝斑かどうかを判断してもらうことができるので安心しましょう。診断した上で、それぞれに合った治療を受けることができます。

普通のシミと肝斑が一緒にある場合はどうするの?

普通のシミと肝斑が重なって出来ているということは少なくありません。この場合は、肝斑の治療から進めていくことになるでしょう。肝斑を綺麗に治療したら、その後で普通のシミが目立つ場合もあります。そうやって残ったシミに最適な方法を考えて治療を行っていきましょう。

肝斑は飲み薬で治るって本当ですか?

クリニックでは飲み薬で肝斑の治療をすることもあります。肝斑の原因となるメラノサイトの働きを抑えることができるトラネキサム酸が鍵となるでしょう。このトラネキサム酸を含んだ内服薬を服用することで、メラニン色素の生成が抑えられて色素が薄くなるのです。

普通のシミに使うレーザーだと肝斑は悪化してしまうの?

普通のシミやほくろを除去するレーザーの中には、刺激が強いものもたくさんあります。そういった刺激の強いレーザーは肝斑を悪化させてしまう可能性があるのです。最近ではメラニン色素を減らす刺激が少ないレーザーというものもあるので、それを正しく使用しているクリニックであれば、肝斑のレーザー治療ができるでしょう。

肝斑を治すために紫外線以外で気をつけることは何?

肝斑を悪化させる理由として、紫外線以外であればストレスも要因になります。例えば、人間関係や仕事、生活の中でストレスを抱えてしまうとホルモンのバランスも乱されてしまいます。ストレスを溜め込まないようにしておくことも大切なのです。

広告募集中